千葉の葬儀と、最近増えている『散骨』について

注目情報!千葉の葬儀

新着記事

千葉の葬儀と、最近増えている『散骨』について

千葉の葬儀は通夜と告別式を済ませたら一段落しますが、その後納骨を行います。

・散骨という選択肢

一般的には葬儀が終わって四十九日の法要が済んだら、お墓に遺骨を収めます。

しかし最近は少子高齢化の影響や、遺族に負担をかけたくないという考える人も多く、供養の仕方も多様化しています。

「散骨」という供養を選ぶこともできます。

散骨する場合は遺骨を砕き粉にします、そのままばらまくわけにはいかないので、専用の処理が必要です。

生前に散骨の意思がある場合は、遺言書に書いておくか、家族に伝えておくといいかもしれません。

ただし散骨するには許可を取らないといけませんし、散骨できる場所も限られます。

・散骨の方法

散骨には、「海洋散骨」と「樹木葬」の2種類の方法があります。

遺骨を砕き粉にするところまでは同じですが、海にまくか、遺骨を土に埋めその上に樹木を植えるかのどちらかになります。

いずれも許可が必要ですが、専用の業者に依頼すれば対応してもらえます。

海洋散骨は、個別、合同、委託の3種類、樹木葬は里山型、公園型の2種類があります。

・まとめ

海洋散骨も樹木葬も、スタイルによって費用は変わりますが、墓を建てて納骨をする事に比べると費用はかなり軽減できます。

散骨に関する法律がないため、自分で行う事もできますが、砕く場合は遺骨である事がわからないようにしなければいけません。

いろいろな問題も出てくるので、専門の業者に依頼するのが一番です。